自宅の引っ越し(後編)

前回の記事は引っ越し前で、どうなることやらでしたが、なんとか引っ越しを完了することができました。
引っ越し会社さんは、友人である美容師さんが昨夏に自身で利用して費用が安かった、と聞いたので紹介してもらった「スター引っ越しセンター」さんに依頼しました。
とんでもない荷物の量(家具を抜かしてダンボール約120箱)で、雨にも関わらず、2時間ちょっとで搬出を完了したときには、過程の手際の良さも含めて舌を巻くほどでした。
僕だったら1人で持てないな、こんなに速くベッドやリビングデスクを解体できないな、ということを次から次へとこなして引っ越し先に搬入してくれました。
周りで引っ越し会社さんを探している人がいたら迷うことなく紹介したいレベルでした。
翌日は立ち合いで、まだ残っている処分品の部屋だしと立ち合い前の最後の掃除をしている最中に管理会社さんが来て「掃除はいいですよ、クリーニングして代金をいただきますので」と先制(笑)
立ち合いも、処分品の対応も一通り終わって、休憩しながら空いたマンションを眺めていたら、少し涙腺が緩みました。
息子が生まれてから、寝返り、ハイハイ、掴まり立ち、よちよちあ歩きと、3年9ヶ月のあいだ成長の全てを見守ってきた部屋だったので、感慨深いものがあありました。
バタバタして大変なことも多くありましたが、引っ越し先でも、成長とたくさんの想い出を創っていくと思いますが、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとう。

明日から3連休の方も多いと思いますので、どうぞ素敵な休日をお過ごしください。

スター引っ越しセンター

関連記事

  1. QR決済

  2. 異業種の人材を育てる難しさ

  3. 私的今年の漢字

  4. 「ウロボロス」という名の日本酒

  5. メーカー&ディーラーさん忘年会

  6. 必ずその日はやってくる

Weekly Blog

制作実績一覧