必ずその日はやってくる

「今日が人生最後の日だといつも考えて生きていたら、必ずその日はやってくるだろう」

尊敬するSteve Jobsが言った僕が好きな名言のうちのひとつです。
この言葉を否が応でも思い出させるふたつのことがありました。

ひとつはクライアントさまである女性オーナーとお鮨屋さんで会食をしていたときのこと。
会話の中で何回も「人生は一度きり」という言葉を話されるので尋ねてみたら、僕も知っている美容師さんのご主人が30代半ばにしてがんで亡くられたというのです。
しかも、第一子のお子様があと1ヶ月で産まれてくるという時期に。

ふたつめは叔父が脳梗塞で倒れて見舞いに行ったときです。
新聞社に勤めていた叔父は豪快で陽気な人で、釣り好き、酒好きで小さいころは釣りに、成人を越えてからは呑みに連れてってもらって、かつての豪放磊落ぶりから想像できない様子でベッドで治療を受けられていました。

日頃、生きているうえで数ある悩みや葛藤など、本当に健康で生きてこそ、なんだな、とあらあためて強く感じました。

織田信長の「夢幻のごとく」のように。

週末は雨は降らずとも、すっきりしない天気のようですが、どうぞ今しかない素敵な時間をお過ごしください。

関連記事

  1. 48歳の誕生日

  2. 実家帰省

  3. DA2018

  4. 異業種の人材を育てる難しさ

  5. 自宅の引っ越し(前編)

  6. 3蜜避けて

Weekly Blog

制作実績一覧